無料カウンセリング アクセス 1番出口徒歩2分 TEL 03-3451-0840

入れ歯Q&A

  1. HOME
  2. 入れ歯Q&A

普通の入れ歯と精密入れ歯の違いは?

普通の入れ歯よりも、より快適に作られているのが精密義歯です。

精密義歯は、普通の入れ歯とは異なり、変形が少ないのが特徴です。丈夫な素材や特殊なアタッチメント、磁石などを使用するため、薄くて丈夫な入れ歯をお作りできます。

薄く小さい入れ歯にすることで、普通の入れ歯に比べ食事や会話が楽になります。また、先端技術のインプラントと組み合わせると、驚くほど快適になります。

精密入れ歯についてもっと詳しく

入れ歯とブリッジはどちらが良いでしょうか?

一長一短があります。

普通の入れ歯は食事や会話がしづらいものですが、ブリッジはしっかりと固定ができるので快適です。

しかし、ブリッジは両隣の歯を削らなければなりません。土台となる歯が健康であれば、削るのはあまりお勧めできません。最も良い方法はインプラントでしょう。

インプラントの例 インプラントの例

インプラントの例

入れ歯は就寝時は外すのでしょうか?

外してください。

睡眠中に飲み込む恐れがあります。また、歯茎や歯を休ませるためにも外したほうが良いでしょう。長時間使用すると、顎の骨に負担が加わり、衰えます。置き場所を決めて保管してください。

入れ歯だと食事が美味しくないです。

それは異物だからです。

入れ歯は異物ですから、大きいとお口の中の違和感が強くなり、慣れるのに時間がかかります。失った歯の本数が増えると、入れ歯も大きくしなければなりません。大きくなればなるほど、違和感も強くなります。

対策としては、薄く作れるチタンなどの金属の入れ歯があります。金属義歯は薄くすることが可能で、0.5ミリ程度の厚さです。そのほか精密入れ歯、インプラントなどをお勧めいたします。

チタンの入れ歯についてもっと詳しく

入れ歯がすぐに外れます。

顎が小さくなったか、入れ歯があっていないのです。

入れ歯を長時間入れておくと、顎の骨はやせ衰えます。顎が小さくなると安定が悪くなり、入れ歯は外れます。歯科で調整してもらうか、市販の入れ歯用安定剤を使用しましょう。

▲ページのトップへ

まずは無料カウンセリングを

入れ歯のご相談カウンセリング(相談)は無料です。

歯や顎の状態によってはご希望の入れ歯ができないことがあります。

期限付きや過密スケジュールの場合お受けできないことがあります。詳しく見る

(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。