無料カウンセリング アクセス 1番出口徒歩2分 TEL 03-3451-0840

精密入れ歯 精密入れ歯について

  1. HOME
  2. 精密入れ歯について

精密入れ歯の種類

 

柔らかい入れ歯・ソフト義歯

やわらかい樹脂を使用しているため、歯ぐきに加わる負担を軽減させ、痛みを感じません。精密入れ歯は種類も様々。まずは診察、カウンセリングをして、一人一人に最適な入れ歯をお作りします。

曲がる入れ歯・フレキシブル義歯

金具(バネ)を使わない新しい入れ歯。口元が綺麗で気づかれません。

薄い金属の入れ歯・アタッチメント義歯

安定性と快適性を追求した入れ歯。 金具を歯と一体型にした精密義歯。歯にしっかりと固定することができて外れにくく、コンパクトなので快適です。

マルチコンシステム マルチコンシステム コンパクトに仕上がり、
機能面、
審美性に優れています。

コーヌスアタッチメント コーヌスアタッチメント 本数の少なくなった方に。

チャンネルショルダー チャンネルショルダー機能面、審美性に
優れています。

ミニSGアタッチメントシステム ミニSG
アタッチメントシステム
コンパクトな義歯

スウィングロックシステム スウィングロックシステム曲がっている歯、
歯列不正などに対応

チタンフレーム チタンフレーム 薄い・軽い・生体親和性
に優れた素材

精密入れ歯とは?

一般的に言う「入れ歯」は樹脂でできています。
精密入れ歯(義歯)」は、一般的な樹脂の入れ歯とは違い、適合がよく、変形の少ない入れ歯のことをいいます。

変形が少ないため、会話や食事中でも安定し、快適な生活を送ることができます。

これまでの代表的な精密入れ歯は、「金属義歯」が主流でしたが、最新の技術では「磁石式入れ歯」「アタッチメント義歯」「インプラント義歯」など、様々な種類の精密義歯ができるようになりました。

従来の入れ歯と違い、金属やアタッチメントなどの変形しない素材を使って、薄く小さい入れ歯を作ることができます。入れ歯は口内に装着するものですから、薄ければ薄いほど、小さければ小さいほど、付け心地に違和感がなく、快適に過ごすことができるのです。

また、審美性も考慮されています。
目立つ金具(バネ)がないので、人目を気にせずにすみます。

入れ歯の素材

当クリニックは、入れ歯に使用する人工歯にも良質な素材を使っています。

人工歯にも色々なタイプがありますが、当クリニックでは、一般の入れ歯にはあまり使用しない「硬質レジン」と呼ばれる丈夫な人工歯を標準使用しています。

硬質レジンは、一般的なレジン歯(プラスチック)よりも審美性に優れ、強度が高く、長期間の使用に耐えることができます。また、前歯には丈夫で美しいセラミックの人工歯をお選びいただけます。

その他にも、オーダーメイドでお好みの金属やブレードなどをお選びいただけます。

硬質レジンの人工歯

硬質レジンの人工歯

よく噛める金属ブレードを使用した人工歯

よく噛める金属ブレードを
使用した人工歯

▲ページのトップへ

まずは無料カウンセリングを

入れ歯のご相談カウンセリング(相談)は無料です。

歯や顎の状態によってはご希望の入れ歯ができないことがあります。

期限付きや過密スケジュールの場合お受けできないことがあります。詳しく見る

(C)Hakuho Dental Clinic All Rights Reserved.
サイト内のコンテンツ・情報の転用はお断りいたします。

 

インプラントホワイトニングインプラント | マウスピース矯正歯列矯正・部分矯正入れ歯歯並び歯列矯正